「いわて旅応援プロジェクト(第4弾)」は、宿泊施設・旅行会社によって割引日や割引プランが異なりますので、事前に必ず予約先に確認してください。

いわて旅応援プロジェクト

「いわて旅応援プロジェクト(第4弾)」とは?

全国のみなさまに、いわての旅を最大20%お得にお楽しみいただけるキャンペーンです!
宿泊商品および宿泊旅行商品(交通付含む)または日帰り旅行への補助に加え、
岩手県内での参加店でお買物に使える「いわて応援クーポン」が付きます!
※いわて旅応援プロジェクト第4弾からは、「いわて応援クーポン」が電子クーポンになります。

※期間中であれば、複数回の利用が可能ですが、1回の予約または申込につき、7泊までが補助対象となります。
※新型コロナウイルスの感染状況等によっては本事業を中断・終了する場合がございます。
※その他割引との併用が可能です。(注1)

(注1)他の割引適用後に平日3,000円(ひとり1泊/日あたり)/休日2,000円(ひとり1泊/日あたり)以上の支払金額で適用となります。他の割引制度をご利用の際、ご予約方法によって他の割引制度のご利用ができない場合があります。詳細については、いわて応援プロジェクト事務局までお問い合わせ下さい。

宿泊施設や旅行会社によって適用日や適用となるプランの設定が異なることもありますので、事前に必ずご利用になる宿泊施設または旅行会社へ確認して下さい。

※予約数の上限に達した場合は、期間中であっても宿泊施設、旅行会社ごとに補助適用とクーポン配布を終了します。

「宿泊商品/宿泊旅行商品」
「日帰り旅行商品」
補助対象期間
2023年1月10日から3月30日出発分まで
「いわて応援クーポン」
利用期限
クーポン利用期限

宿泊施設・旅行会社・クーポン利用可能店舗向け
~登録から精算までの手順~

宿泊施設・いわて応援クーポン利用店舗の登録から代金収受までの手順は以下の通りです。

参加登録

店舗を登録し、登録番号を事前に付与します 。

いわて旅第4弾いわて応援クーポン(電子クーポン)参画店舗登録

※新規登録をご希望の場合は、事務局へご連絡ください。
※登録番号は以下カテゴリーごとに構成されます。
①宿泊施設:103+0+7桁数字
②クーポン店舗:103+9+7桁数字

精算申請(登録施設 ➡ 事務局)

精算に係る書類を事務局に送付し精算申請を行います。
各種精算書類に登録番号・精算に係る報告内容・入金に係る情報等を記入いただき、
それぞれのカテゴリーに沿って、以下の書類を準備しお送りください。

宿泊施設用

 ・様式第1号(宿泊補助利用申請書)
 ・様式第2・3号(補助額実績管理表、請求書)

クーポン利用店舗用

第4弾からはクーポン券の発送は不要です。regionPAYから自動的にデータを抜き取り精算します。

代金支払(事務局 ➡ 登録施設・店舗)

割引・クーポンの実績に応じて、事務局より精算金額を登録宿泊施設、クーポン利用店舗へお振込みいたします。宿泊施設からの最終回収日は4月14日(金)必着です。4月14日(金)までに事務局に届かない精算・換金請求には、一切応じることができません。

宿泊施設向け精算スケジュール

到着日(必着) 振込予定日
2月10日(金) 3月23日(木)
3月10日(金) 4月19日(水)
4月14日(金) 5月26日(金)

クーポン店舗向け精算スケジュール

締日(データ抜き取り日) 振込予定日
2月2日(木) 2月7日(火)
2月16日(木) 2月21日(火)
3月2日(木) 3月7日(火)
3月16日(木) 3月22日(水)
3月30日(木) 4月4日(火)
4月13日(木) 4月18日(火)

精算書類の受付および振込回数については、上記の日程で宿泊施設3回/クーポン店舗6回とさせていただきます。
宿泊施設は原資確認のため毎月必ず請求をお送りください。

各種書類については、本HPからもダウンロード可能です。

宿泊施設向け
~いわて旅応援プロジェクト(第4弾)利用者への宿泊施設チェックイン時 精算時の対応について~

本プロジェクト利用者への補助適用と「いわて応援クーポン」の付与については、
宿泊補助利用申込書の受領をもって、以下の手順でご対応ください。

補助金対象者適用条件の確認

(1)免許証・マイナンバーカード・居住していることを示す書類等の確認
宿泊旅行または日帰り旅行への補助を適用する方が日本国内居住者であることを確認
(2)補助を受けようとする全員の2種類の証明書を確認
①居住地を確認できる身分証明書
②新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(3回以上接種)又は検査結果通知書(陰性)

  • 対面販売時に旅行会社から接種回数確認済みの連絡があれば、再度の確認不要です。
  • 検査結果は旅行・宿泊の初日に確認で変更はありません。
  • 旅行終了後や宿泊後の提示は認められません。

補助金対象者から申込書を収受

補助金対象者から申込書を収受します。
STEP1で補助金対象者であることを確認できましたら、【様式第1号】宿泊補助利用申込書を記入していただいてください。

いわて旅応援プロジェクト第4弾からは、同意書の回収が不要となりました。

regionPAY管理画面からクーポンを発行

管理画面からクーポンを発行します。
ご予約内容を確認の上、regionPAY管理画面からクーポンを発行します。

※チェックイン前の発行をおすすめします。

regionPAY管理画面からクーポンを印刷

管理画面からクーポンを印刷し、手交します。
STEP3にて登録した内容にて、クーポン券を印刷し、お客様へお渡しください。
白黒印刷でも構いません。

必ずご案内ください

いわて応援クーポンの有効期限は、
チェックイン日の00:00から
チェックアウト日の23:59まで
※日帰り旅行は、旅行日の23:59まで

クーポン利用可能店舗向け
~クーポン利用者への対応について~

いわて旅応援プロジェクト第4弾は、「regionPAY aLHa」を活用したクーポンを利用します。
会計時にお客様より「いわて応援クーポン」の利用を希望された場合は、
以下の手順でご対応ください。
※原則電子クーポン、紙クーポン利用も可

会計(支払額の提示)

お客様に会計額を提示した際に、「いわて応援クーポン」の利用を希望された場合は、以下に注意し、お客様との精算内容をご確認ください。

①お客様が希望するクーポン券の利用額
②お客様のクーポンの有効期限
③クーポン券利用を希望する商品購入・サービス提供の使用対象可否

利用を希望されるクーポン券の残高を確認する

利用者から受け取る「いわて応援クーポン」の残高を確認してください。
会計額に対して、クーポン券残高が少ない場合は、残額(不足分)を提示し精算方法を確認してください。

利用者からいわて応援クーポンの決済を受ける

【STEP1】【STEP2】の確認を経た後に、利用者からいわて応援クーポンの決済を受けとってください。

利用者がアプリで決済する場合(店舗側コード決済(MPM))

利用者がアプリをダウンロードし、「いわて旅応援クーポン」のミニアプリ(地域ごとのアプリ)を起動します。起動されたミニアプリから、各店舗のQRコードを利用者が読み取り、金額を入力し、決済を行います。

利用者がアプリを使用せず紙クーポンのままで決済する場合(利用者側コード決済(CPM))

利用者がアプリを使用せずに、紙クーポンのまま使用する場合は、端末操作は店舗側が行います。店舗で持つスマートフォン等で、店舗の管理画面にログインし、利用者の紙クーポンを読み取ることで決済することができます。

【STEP2】で説明の通り、会計額に対して、クーポン券額額面が少ない場合は、残額(不足分)をお客様と精算してください。

事業広告素材ダウンロード

いわて旅応援プロジェクト(第4弾)チラシ

【決済店ポスター】いわて旅応援プロジェクト第4弾

【QR貼付台紙(卓上組立式)】決済店用(いわて旅応援プロジェクト第4弾)

【QR貼付台紙大】決済店用(いわて旅応援プロジェクト第4弾)

【QR貼付台紙A4半分】決済店用(いわて旅応援プロジェクト第4弾)

お問い合わせ先

いわて旅応援プロジェクト(第4弾)
いわて応援クーポン事務局
〒020-0024岩手県盛岡市菜園1-3-6農林会館205
[利用者(旅行者)問合わせ]
TEL. 019-623-1145
[宿泊・旅行会社問合せ]
TEL. 019-623-3103
[いわて応援クーポン利用店舗問合せ]
TEL. 019-623-3109
平日10:00〜17:00
URLhttps://www.iwate-tabipro-ver4.jp